本サイトは、アフィリエイトプログラム(広告)に参加しています。

【手回し式】FEZIBOの手動式昇降デスクのご紹介【クランクスタンディングデスク】

どうも、ナルアキです。
2018年から、スタンディングデスクを導入して生活をしています。

この記事では、手回し式のFEZIBOの昇降デスクをご紹介します。
日本語の商品名は、クランクスタンディングデスクです。

先にどんな方にオススメか、結論をお伝えします。
最初からフックが付いているので、デスクにリュック等を下げたい方にオススメです。

商品情報

Amazonの商品ページより引用

電動昇降デスクと比較

特に理由がなければ、メモリー機能付きの電動昇降デスクをオススメしています。
なので、オススメの電動昇降デスクとの比較表です。

画像
メーカーFEZIBOFlexiSpot
型番クランクスタンディングデスクE9
タイプ手動(クランク式)電動
記録機能なし4つ
天板サイズ100×60 cm
120×60 cm
140×60 cm
120×60 cm
高さ調整域73.4~114.6 cm73~123 cm
値段100:1万5千円
120:1万5千円
140:1万7千円
4万円
特徴キャスター付き簡易組立

値段が、公式通販サイトでは、3万円です。
Amazonの値段が、2万円以内と、非常にリーズナブルになっています。

ちなみに、ヘッドホン用にフックを追加したい場合は、専用の道具があります。
3個目のフックが欲しい場合は、こういったものを活用しましょう。
あるいは、別のデスクを使っているけど、フックだけ欲しい場合は、これで解決です。

Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥1,700 (2024/02/26 22:11時点 | Amazon調べ)

Amazonの評価まとめ

レビュー数:961 件
平均: (4.5)

評価割合
74%
14%
5%
3%
4%

レビュー数がなんと961件と、もうすぐ1,000件に届きます。
74%の人が星5を付け、星4も合わせると88%の方が満足していることになります。

低評価の理由に、不良品がちらほらとあります。

その他にも、組み立てが難しかったという意見もありました。
同じような理由で、説明書がわかりにくいというものもあります。

ある程度の組み立ての能力がある方でないと、難しいかもしれません。

説明書を先に見るには?

英語のサイトですが、公式サイト(https://www.fezibo.com/)で見ることができます。
日本向けの公式サイト(https://fezibo.jp/)もあります。

説明書配付のページ

PDFはコチラ(英語)
https://cdn.shopify.com/s/files/1/2710/8782/files/FAMISKY_Crank_Standing_Desk_Assembly_Instruction.pdf?v=1638424479

3ページ目にある、「Not Included」が、別途必要な工具です。

ちなみに、電動ドリル(Electric Drill)とドライバー(Phillips Screwdriver)です。

組み立て用の動画がありました。

Fezibo公式チャンネル

このページをブックマークするか、You Tubeの機能で『後で見る』に入れておきましょう。

こんな方にオススメ

クランク式のスタンディングデスクを、リーズナブルに購入したいと考えている方にオススメ!

特に、周辺オプションとして、フックも付いています。
総合的に安くなっています。

一緒に揃えたいオススメ便利グッズ

工具の準備をしよう(電動工具)

電動工具をオススメします。

電動ドリル&ドライバー
これがあれば、カンタンなDIYなら対応できます。

まとめ

  • 選べる3サイズ(100・120・140 cm)
  • 公式通販サイトよりも、Amazonの方がお買い得。
  • 組み立てが大変というレビューがある。
    解説の動画を参考にしましょう。

最後に

この記事が参考になれば嬉しいです。
スタンディングデスクを導入して、新しい生活を始めましょう。

関連記事

【手動】クランク式の昇降スタンディングデスク 3選
1位は、FlexiSpotのクランク式昇降デスク『H1』
2位は、サンワダイレクトの手動昇降式デスク『100-ERD035LM』
・3位は、FEZIBOの手動式昇降デスク『クランクスタンディングデスク』(この記事)

選び方の記事はコチラ↓
スタンディングデスクの選び方 オススメ9選【チャート図あり】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA